繰上げ支給の老齢厚生年金

受給要件

繰上げ支給の老齢厚生年金は、昭和28年4月2日以後に生まれた方が、次のすべての条件を満たしているときに、支給開始年齢に達する前に請求することができます。

なお、繰上げ支給の老齢厚生年金は、老齢基礎年金(国民年金)の繰上げ請求と同時に行わなければならず、第2号厚生年金被保険者期間以外に他の種別の保険者期間を有している場合、それぞれの年金についても、すべて同時に繰上げ請求を行うことが条件となります。

また、繰上げ支給の老齢厚生年金は、請求日に受給権が発生し、請求月の翌月から支給されることになります。

  1. 60歳に達していること
  2. 保険料納付済期間が25年以上あること
  3. 被保険者期間が1年以上あること
  4. 現に国民年金に任意加入していないこと

年金額

(注)
  • 加給年金額は、65歳に達した月の翌月から加算されます。加給年金額は繰上げの対象になりません。
  • 繰上げ減算額は、報酬比例額及び経過的加算額それぞれに繰上げを請求した日の属する月から特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢に達する日の属する月の前月(経過的加算額については、65歳に達する日の属する月の前月)までの期間月数の1月につき0.5%の減算率を乗じて計算します。

◆繰上げ減算額 = 1 + 2

  1. 報酬比例額に係る減算額=報酬比例額(請求日(退職日に請求したときは「請求日の翌日」)の属する月の前月までの第2号厚生年金被保険者期間を算定基礎とした額)×5/1000×(繰上げを請求した日の属する月から特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢に達する日の属する月の前月までの月数)
  2. 経過的加算額に係る減算額=経過的加算額(請求日(退職日に請求したときは「請求日の翌日」)の属する月の前月までの第2号厚生年金被保険者期間を算定基礎とした額)×5/1000×(繰上げを請求した日の属する月から65歳に達する日の属する月の前月までの月数)

◆老齢厚生年金の支給開始年齢と繰上げ年齢に応じた減算率【参考】

生年月日 本来支給の開始年齢 繰上げ可能年齢 減算率
昭和28年4月2日〜昭和30年4月1日 61歳 60歳0ヶ月〜60歳11ヶ月 6%〜0.5%
昭和30年4月2日〜昭和32年4月1日 62歳 60歳0ヶ月〜61歳11ヶ月 12%〜0.5%
昭和32年4月2日〜昭和34年4月1日 63歳 60歳0ヶ月〜62歳11ヶ月 18%〜0.5%
昭和34年4月2日〜昭和36年4月1日 64歳 60歳0ヶ月〜63歳11ヶ月 24%〜0.5%
昭和36年4月2日〜 65歳 60歳0ヶ月〜64歳11ヶ月 30%〜0.5%

繰上げ支給の老齢厚生年金を請求したときの老齢基礎年金

老齢基礎年金は、原則として65歳から受けることができますが、希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰上げて受けることができます。

しかし、繰上げ支給の請求をした時点(月単位)に応じて年金が減額され、その減額率は一生変わりません。

※1 「経過的加算相当額」と「経過的加算」は同額で、「定額部分」から基礎年金相当部分(厚生年金保険の被保険者期間にかかる老齢基礎年金の年金額)を差し引いた額となります。
※2 全部繰上げの老齢基礎年金の支給額は次の式で計算されます。
全部繰上げの老齢基礎年金 繰上げ前の老齢基礎年金 × (1-0.005×繰上げ請求月から65歳に達する日の前月までの月数)

お問い合わせ