ねんきん定期便のご案内

年金加入記録をご確認いただくとともに、年金制度に対するご理解を深めていただくことを目的として、毎年1回誕生月に、他の実施機関の記録も含めた「ねんきん定期便」が、ご本人あてに送付されます。

35歳、45歳、59歳の方
「封書」の「ねんきん定期便」
左記以外の年齢の方
「ハガキ」の「ねんきん定期便」

「ねんきん定期便」Q&A

「ねんきん定期便」が届きましたが、何か手続きは必要ですか。
「ねんきん定期便」に表示されている年金加入記録について、「もれ」や「誤り」がないかご確認ください。
「国共済厚生年金期間および地共済厚生年金期間」の加入記録や見込額については、連合会年金部にお問い合わせください。
「一般厚生年金期間」や「私学共済厚生年金期間」に関する加入記録や見込額の内容は、日本年金機構などから情報提供された内容を表示しております。そのため、内容の詳細については、「一般厚生年金期間」に関することはお近くの年金事務所に、「私学共済厚生年金期間」に関することは、日本私立学校振興・共済事業団にお問い合わせください。
「ねんきん定期便」は、どのような人に送っているのですか。また、いつ作成して、いつ送られるのですか。
「ねんきん定期便」は、厚生年金保険および国民年金の加入者(被保険者)の方にお送りしています。
また、「ねんきん定期便」は、誕生月の2か月前に作成し、その時点で加入している実施機関(どの実施機関にも加入していないときは、最後に加入していた実施機関)から、誕生月にお手元に届くように、ご本人あてに送付されます。(ただし、1日生まれの方は、誕生月の3か月前に作成し、誕生月の前月にお手元に届くように送付されます。
なぜ、35歳、45歳、59歳の方には、封書の「ねんきん定期便」を送付しているのですか。
「35歳」となっているのは、現在公的年金制度の受給資格を有するための期間が25年となっているため、35歳まですべての期間が未納であっても、35歳から60歳までの期間保険料を納付することで受給資格を有することができるためです。
「45歳」となっているのは、45歳まですべての期間が未納であっても、厚生年金保険に加入できる上限の年齢および国民年金に任意加入できる上限の年齢である70歳までの期間保険料を納付することで受給資格を有することができるためです。
「59歳」となっているのは、支給開始年齢により近い時期に年金加入記録および年金の見込額をお知らせするためです。

お問い合わせ